>

お子さんへの心掛け

子供が歯科医院を怖がる理由

まず、お子さんが歯科医院に行くのを嫌うのは何故でしょうか?
それはやはり怖かったり痛かったり、何をされるのか分からない恐怖があるからだと思います。しかし最近の医療技術の進歩で痛みの伴う治療は大分減り、小児歯科においてはほとんど痛みのない治療を心がけている医院が多くあります。
そのため私たち大人はお子さんにネガティブなイメージを与えるような話をするのではなく、恐怖心を与えないようにする事が大切です。
例えばお子さんが悪いことをした時に、お仕置きの一環として歯科医院に連れていくと脅したり、実際にする事は避けなければいけません。
そうしてしまうことでお子さんにとって歯科医院は恐ろしい場所という認識になってしまい、スムーズに治療する事が出来なくなってしまいます。

私たちがするべきこと

歯科医院を怖がらずに行ってもらうためには、最初が肝心です。最初に怖いというイメージを植え付けてしまうと、そのイメージを払拭するのは大変難しいためです。
最近の小児歯科医院では、子供のための玩具や絵本、ビデオを置いている医院も多く、また子供の相手が上手な歯科医師や歯科衛生士がいるため上手に治療をしてくれます。
私たち大人は子供に「何もしないから」と言って実際には治療をするというような嘘をついたり、「虫歯が出来たのはあなたのせいだ」などとお子さんを悪く言うことはしてはいけません。
子供は歯を削るわけでなくても、歯科医院にある多くの器具を見るだけで恐怖心を抱きます。
そのため大人は子供に、歯科医院は罰を与えるために行く恐ろしい場所なのではなく、子供の歯を良くし、さらに強くするために行くのだと教えてあげることが大切です。