>

歯科医院のイメージと本来の姿

歯科医師が行っている仕事内容

歯科医師が仕事をする時に共通している考え方は、「患者さんの口腔内の健康を守る!」ということです。
一般的な病院では、患者さんの口腔環境をケアし、悪い所があれば治し、失われている機能がある時は修復し整えます。また機能だけでなく審美性も重視しています。
具体的な内容で言うと、食べ物のカスが集まって出来た歯垢や歯石を除去したりフッ素を塗布するなどの虫歯の予防から、虫歯や歯周病の治療、親知らずの抜歯、入れ歯や義歯の作成、ホワイトニングによる審美性の回復などがあります。
また歯の治療だけではなく口腔内の異常、例えば「がん」などの早期発見にも関わっています。
また小児歯科では、顎の骨の成長や正常であるかを確かめる役割も担っています。

歯科医師、衛生士、歯科助手の違い

一般的に、病院にいる歯科に関わる仕事を担っている人には歯科医師、歯科衛生士、歯科助手の3つの職種があります。
ここではその職種の違いについて説明していきたいと思います。
まず歯科医師とは、前述したとおり口腔疾患の治療や手術、義歯の作成や歯列矯正、ホワイトニングなど、様々な治療器具を用いながら処置を行います。
次に歯科衛生士ですが、歯科衛生士は歯科医師の手助けや処置を行います。
仕事内容を大きく3つに分けると、予防の処置、診療の補助、保健指導に分かれています。
歯科衛生士は歯科医師と同様患者さんの口腔内に手を入れることも出来ます。
最後に、助手は基本的に歯科医院での受付や患者さんの案内、道具の滅菌作業などを行っています。
歯科医師や歯科衛生士とは違い処置はできません。