虫歯の出来方

皆さんは虫歯はなぜ出来るのか知っていますか?虫歯は自分自身が心掛け気を付けることで予防する事が出来ます。 更に虫歯を予防する事で、歯科医院での痛みの伴う治療を減らすことができます。 虫歯を予防して、痛みの伴う治療のための歯科治療を減らしましょう!

お子さんへの心掛け

歯科医院に行くのを怖がったり嫌がるお子さんはたくさんいます。大人でも歯科医院にはネガティブなイメージを多く持っているので、お子さんが怖がるのも当たり前ですよね。 ではその恐怖心を取り除いてスムーズに歯科治療を行ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?

歯科医師と歯科衛生士と歯科助手の仕事

皆さんは歯科医院と聞いてどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?
怖い、痛い、何をされるか分からないなど、ネガティブなイメージが多いのではないかと思います。口腔内は診療中に自分で見ることが出来ないので尚更恐怖心や不安が強くなりますよね。
しかし、歯科医院での治療はなるべく痛みや患者さんの苦痛を伴うことの無い治療を心掛けており、現在では医療技術の進歩により患者さんの苦痛や恐怖心も大分軽減されるようになりました。
例えば麻酔注射をする際でも、事前に表面麻酔を行うなどで痛みをほとんど感じないようになってきました。
また大きな歯科医院、例えば大学病院などになると、医科でいう外科や内科などのように多くの科に分かれています。
よく耳にする科では、歯列の矯正を行う矯正歯科、交通事故などによる外傷や奇形による口腔顔面領域を専門に外科を行う口腔外科などが挙げられます。
また他にも放射線科、歯科麻酔科、口腔リハビリテーション科、予防歯科や歯周病科などこれ以外にも様々な多くの科に分けられています。
小児歯科はこの中に含まれており、主に子供を専門に診療しています。
基本的には成人未満の患者さんを診療していますが、病院によって異なり、18歳以下までの患者さんを担当している場合や20歳を超えていても障害を持つ患者さんを診療する病院もあります。
小児歯科ではお子さんの治療だけではなく、親御さんへの歯科指導を行っている病院が多くあります。

歯科医院のイメージと本来の姿

そもそも歯科医師はどのような仕事をしているのでしょうか? よくイメージされるのは虫歯の治療をしている仕事のイメージが強いかと思いますが、歯科医師の仕事はそれだけではありません。 ここからは歯科医師がどのような仕事をしているのか知っていきましょう!